ゆらら㈱ホリスティック医学療法学院は、人としてこの世に産まれた時から人生最後の日を尊厳し、光となるお手伝いをさせて頂きたいという想いを会社理念に活動しています。

ゆらら_音楽療法

リトミックと音楽療法で音感・リズム感・そして心と脳を育てます。
高齢者施設・障がい福祉施設にて出張音楽療法・シニアリトミックセッションを行っています。
薬に頼らない認知症予防のための音楽療法やリトミックに加え、ストレッチやリンパケアも行います

音楽療法・シニアリトミックってなあに?

高齢者施設・障がい福祉施設にて音楽療法・シニアリトミック活動をしています。

体が思うように動かない方が多い日は音楽療法を多く取り入れたセッションを。

身体がよく動く参加者の多い日は、楽器やおもちゃを使いながらリズム遊びや、即時反応を感じて頂けるようなリトミックをして、脳を活性化していきます。

大きな声で発声練習をしたり、懐かしい歌を歌ったり楽器で演奏したりリズム遊びをしたりします。

音楽療法は薬に頼らない自然療法として認知症予防、介護予防、また認知症の進行を遅らせる目的として大変好評です。

現在、65歳以上の方の人口は3000万人になり4人に1人は高齢者です。

そして、その高齢者の方の中の4人に1人は認知症・又は認知症予備軍と言われています。

2025年には団塊の世代の方が一気に65歳以上になるため3人に1人が高齢者になると推測されています。それに伴い、介護施設や医療機関など混乱してきます。

現在、まだご自宅で元気な方も、施設で元気な方も突然認知症を発症するかもしれません。これからは、ご自宅や施設内での発症しないための予防が大切です。

中でも、認知症予防のための薬に頼らな代替療法(自然療法)の
音楽療法・アロマセラピー・化粧療法・
アニマルセラピー・回想法・園芸療法

などは、近年予防に大変効果があると注目されています。認知症の症状に対しての薬物療法は、症状を止めることはできても、進行します。改善することはできないのです。また、健康な脳の機能を低下させることもあり、代替療法をおすすめしています。

ゆらら㈱は、介護予防や認知症予防のためのホリスティックケアセラピーに力を入れて活動をしています。

音楽療法はホリスティックケアセラピーの中のひとつです。

歌やリズム・リトミックを使いながら、右脳と左脳を同時に刺激する活動や思い出の曲で、なつかしいエピソードを思い出していただいたりします。

契約は法人、年間契約とさせて頂き、お申込み金などは不要で。
現在、高齢者施設・障がい福祉施設でたくさんのご契約を頂いています

認知症とは・・・

脳の障がいにより知的能力が低下する病気のことです。

  • 記憶機能
  • 言語機能
  • 見当識・遂行機能・実行機能
  • 上記にに支障がでている状態です。

          

    病院で薬も処方されますが、何より大事なことは、

  • ①家族・周囲の方のサポートや対応
  • ②薬に頼らない療法
  • とされています。薬に頼らない療法として、近年注目されているものが音楽療法(ミュージックセラピー)です。

    音楽を聴く・歌う・歌から昔を思い出すなどの繰り返しで睡眠時間が長くなったり、徘徊が減ったりといったデータもあります。

    そして、なにより心身の健康にとても効果があります。

    ホリスティック医学療法学院とは

    ↑ PAGE TOP